四十肩・五十肩で腕が上がらない時はどうすればいいか?


 

先日、五十肩でお悩みの女性が

来院されました。

 

主な症状は

・腕を上にあげる時に痛みが出る

・下着をつける時に痛みがあり

・背中に手を回せない など

 

日常生活に支障をきたし、

とても辛そうでした。

 

すでに、痛みが強い時期(炎症期)は過ぎて

痛みが落ち着いてくる慢性期に入っていました。

 

この時期に適切な治療をすることで

その後の経過が劇的に変わってきます。

 

※過去記事はこちら

「四十肩・五十肩の改善が劇的に早くなる方法」

 

 

◆四十肩・五十肩ってなに?

いわゆる四十肩や五十肩

と言われる肩関節周囲炎は、

肩の周囲組織(筋肉・靭帯・軟骨など)に

傷が入り炎症を起こすことで痛みが発生します。

 

(四十肩・五十肩に関して詳しくはこちら

 

検査の結果、この方は

筋肉に傷が入っていると判断しました。

 

 

◆なぜ筋肉に傷が入ってしまうのか?

傷が入ってしまう原因は大きく2つです。

①柔軟性のバランスが悪い

②筋力のバランスが悪い

 

肩関節は本来360°動くことができます。

しかし、日常生活の中で

肩より上に腕をあげる動きや

(例:万歳の体勢)

 

 

腕を後ろに持っていく動きはほぼありません。

 

 

すると、その時に使う

筋肉や靭帯は硬くなり

筋力は衰えてしまっています。

 

このように日常生活の動作の偏りにより

柔軟性や筋力のバランスが悪くなった結果、

肩の周囲組織に傷が入り、

痛みや炎症を引き起こします。

この方も同様のケースでした。

 

 

◆四十肩や五十肩になってしまったら?

炎症や痛み強く、なかなか

患部を動かせない時期(炎症期)は

無理して動かさず(安静)

鍼治療やアイシングなどで、

早期に炎症を抑える治療をします。

 

慢性期になると痛みの状況を見ながら、

筋肉の柔軟性を改善する為に

少しずつ可動域を広げる治療をしていきます。

 

この方は二の腕や脇の筋肉をほぐし

軽いストレッチを加え流治療をしたところ

万歳の可動域と痛みが少し改善しました。

 

四十肩・五十肩は通常、

すぐに改善するわけではなく

ある程度の治療回数と期間が必要

になることが多いです。

 

しかし、症状の経過(時期)に合わせて

適切な治療を行うことで改善していきます。

 

 

 

◆当院に通院中の方が最も多く受けているプログラム!

何をやっても治らない肩こり腰痛を改善する

肩こり腰痛撃退プログラムはこちら

 

◆お電話、もしくはサイト上部の問合せフォームより

お得な初回体験にご予約ください。

・人形町院 03-6231-1951

・富ヶ谷院(女性専用) 03-5453-1777