四十肩・五十肩の痛みが強い時は鍼治療が効果的です


これまでも四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

の記事を書いてきました。

四十肩・五十肩で腕が上がらない時はどうしたら良いか?

四十肩・五十肩の改善が劇的に早くなる方法

 

今日は、痛みが強い時の対処法について

書いていきます。

 

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)には

炎症期と呼ばれる痛みの強い時期があります。

 

この時期はいかに炎症(痛み)を早く抑えるか

が重要ですが、その時に有効なのが鍼治療です。

 

炎症は筋肉や靭帯などの

組織の中の傷で起こっています。

 

傷を修復するには体表から

アプローチするよりも、

鍼の方が直接的に傷にアプローチできます。

 

 

◆鍼の効果

・炎症を抑える

・痛みを引かせる

・傷の修復を早める

・硬い筋肉を緩めて筋バランスを整える

など

 

 

四十肩・五十肩に関わらず、

治療で重要なのは2つです。

 

①痛みを引かせる為のアプローチ

②そもそも痛めた原因を解決するアプローチ

 

痛みが強い間は②のアプローチも

選択肢が限られてしまうので、

①をできるだけ早期に行うことが重要です。

 

だから、

①では即効性がある鍼治療が効果的です。

 

もちろん効果に個人差はありますが、

日常生活に支障が出るほどの痛みで

お悩みの方には必ず提案しています。

 

 

 

 

◆当院人気プログラム

何をやっても治らない肩こり腰痛を改善する

肩こり腰痛撃退プログラムはこちら

 

 

◆お電話、もしくはサイト上部の問合せフォームより

お得な初回体験にご予約ください。

・人形町院 03-6231-1951

・富ヶ谷院(女性専用) 03-5453-1777