膝の痛みは筋トレすれば治る?


 

慢性的な膝の痛みを改善しに

来院される方は多いです。

 

突発的に捻ったケースや

打撲したケース以外は

慢性的に膝に負担がかかっていることが原因です。

 

・年齢による磨耗

・体重による負担

・筋力不足による負担

 

など様々な要因があります。

 

しかし

年齢を重ねても

体重が重い方でも

膝が痛くならない人もいます。

 

したがって

原因は一つに決めつけるのではなく

総合的に検査し評価する必要があります。

 

 

体の運動機能を評価する時に

考える項目は次の3つです。

 

①関節の柔らかさ(可動性) 

②筋肉の強さ(支える力)

③バランス(動きの協調性)

 

この3つの総合的なバランスが崩れ

負担が蓄積することで

体に痛みなどの異常が発生します。

 

 

膝の痛み=膝周りの筋力が弱い

と言われることがよくありますが、

それは一つの要因にすぎません。

 

関節が硬くなっているかもしれないし、

動きのバランスも悪い=「膝の動かし方が悪い」

かもしれません。

 

膝周りに筋力があっても、

動かし方が悪いと

膝にかかる負担大きくなります。

 

 

例えば、

「膝が痛いのは太ももの筋肉が衰えているから」

だと決めつけていると次ような間違えが起こります。

 

・いきなりスクワット運動を始める

→膝の曲げ方が間違っており痛みがさらに悪化

 

・長時間歩いてみる

→歩き方が悪く負担が蓄積し痛みが更に悪化

 

このように、

逆に状態を悪化させてしまうかもしれません。

 

 

つまり、

運動機能の評価項目の

①関節の柔らかさ(可動性) 

②筋肉の強さ(支える力)

③バランス(動きの協調性)

 

この3つを全て評価した上で、

それぞれに対しての対策が必要です。

 

その上で

②の筋力が必要!

と判断できるのであれば筋トレに注力すべきです。

 

 

木を見て森を見ず

になっていませんか?

 

 

膝の痛みに関わらず、

慢性的な体の痛みや不調が

なかなか改善しないとお悩みの方は

原因や改善方法を見直すことが

重要かもしれません。

 

 

 

◆当院に通院中の方が最も受けているプログラム!

何をやっても治らない肩こり腰痛を改善する

肩こり腰痛撃退プログラムはこちら

 

 

◆お電話、もしくはサイト上部の問合せフォームより

お得な初回体験にご予約ください。

・人形町院 03-6231-1951

・富ヶ谷院(女性専用) 03-5453-1777