坐骨神経痛の症状と原因と改善方法


 

腰の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの

重症の慢性疾患に伴う坐骨神経痛で

お悩みの方はいませんか?

 

坐骨神経痛について詳しくはこちら

 

 

◆坐骨神経痛はとても辛い!

坐骨神経痛は重症化するととても辛く

悩まされている方は実はとても多いです。

 

普通の腰痛であれば

動きに伴って痛みが出ることが多いため

ある程度動きを制限したり

安静にしていることで

症状が改善していくこともあります。

 

しかし、坐骨神経痛のような「神経症状」は

寝ている時やイスに座っているなどの

安静時にも痛み痺れを伴うため、

精神的にもストレスになりやすいです。

 

 

◆坐骨神経って何?症状は?

坐骨神経とは腰から出て足の指先まで

枝分かれしながら繋がっている神経です。

 

出典 ストレッチポール公式ブログ

 

この坐骨神経に炎症が起きると

痛み、痺れ、うずくような感覚、

重だるさ、モヤモヤ感、など

これらを症状をまとめて

「神経症状」と言っています。

 

具体的には次のように症状を訴える方がいます。

『お尻や太ももの裏に痛みやしびれが出る』

『足全体が重だるい感じ』

『長時間立っていると腰から足にかけて痛い』

『太ももの外側が痛い』

『足のスネから指先までがしびれる』 など

 

神経の走行上のどこにいたみが出るのか

人それぞれです。

 

 

◆坐骨神経痛の原因はなに?

原因は

腰椎ヘルニア

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

などの腰の慢性疾患によって、

腰にから神経が出ている場所に炎症が

起きることだと言われています。

 

しかし、これらは全て

腰に慢性的な負担をかけていることが

根本的な原因となっていることが多いです。

 

この慢性的な負担を取り除くことができれば

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

があっても坐骨神経症状を

改善することはできます。

 

腰に慢性的な負担をかけているのは

腰を動かしすぎていることです。

 

前かがみの時

座っている時

立っている時

 

など、日常生活の様々な場面で

腰を使って動かしすぎていると

腰に金属疲労が起きます。

 

ヘルニアや狭窄症なども金属疲労の結果

生じている疾患という考えです。

 

 

◆坐骨神経痛の改善方法は?

改善には2つあります。

①症状の改善

②原因の改善

 

症状の程度にもよりますが、まず

①痛み(症状)の改善を最優先に考えながら

②原因の改善をおこなっていきます。

 

【①症状の改善】

痛みや痺れはとても辛いので、

この症状を少しでも軽減させること

で日常生活の辛さを取り除きます。

鍼治療やマッサージ、腰に刺激の少ない整体

で痛みの軽減させていきます。

あまりに痛みが強い時は、

整形外科でブロック注射や痛み止め薬

を処方してもらうといいです。

 

 

【②原因の改善】

そもそも腰に負担をかけているのは

筋肉や関節の硬さによる動きの硬さです。

痛みの状況を見ながら、悪化しないように

腰痛の疾患別ストレッチやエクササイズ

を行い腰をなるべく使わない動きを覚えていきます。

 

 

◆根本改善させるための考え方まとめ

治療を行うだけで

①痛みが改善することもありますが、

痛みの改善=原因の改善ではない

ので勘違いしないようにしましょう。

①だけを見ているとまたすぐに再発します。

 

②原因を改善させることが重要です。

原因の改善とは

日常生活で腰に負担をかけないことです。

 

 

年齢を重ねていると、

筋肉や関節も硬いケースが多いので

ストレッチやエクササイズは必須です!

 

 

最後に繰り返しますが、

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

があっても坐骨神経症状を

改善することはできます。

決して諦めないでください!!

 

 

 

◆当院人気プログラム

何をやっても治らない肩こり腰痛を改善する

肩こり腰痛撃退プログラムはこちら

 

◆お電話、もしくはサイト上部の問合せフォームより

お得な初回体験にご予約ください。

・人形町院 03-6231-1951

・富ヶ谷院(女性専用) 03-5453-1777