腰の椎間板ヘルニアの原因と改善方法


 

今回は、多くの人が悩まされている

腰の椎間板ヘルニアについて

書いていきます。

 

椎間板ヘルニア全般の詳細に関しては

こちらをご覧ください。

 

 

◆症状の特徴は?

腰椎椎間板ヘルニアの症状は画一的ではありません。

 

・腰に痛みがある(ないケースもあり)

・下半身に坐骨神経症状がでることもあり

 →お尻や足に痺れや痛み・重だるい感覚

 →安静時に症状あるのは神経症状の可能性高い

・症状がでる部位や範囲もそれぞれ

・日によって症状に波がある など

 

神経症状を伴うケースが多いですが、

腰から足の神経上のどこに症状が出るのかは

わからないのが特徴です。

日々変化したりもします。

 

 

◆手術しないと治らないのか?

ヘルニア=手術と考える必要はありません。

MRIでヘルニアと診断されても

手術をすることなく

痛みをなくすことは可能だからです。

 

実は私自身も腰にヘルニアがありますが、

毎日痛みなく過ごすことが出来ますし

激しい筋トレも出来ます。

 

 

◆なぜ手術しないで痛みがなくなるのか?

ヘルニアになる人は

慢性的に腰に負担をかけています。

自覚はないけど無意識にかけています。

 

腰(腰椎や骨盤)は通常

あまり動かない関節なのに

腰痛になる人は動かしすぎているため

負担が溜まります。

 

なぜ腰(腰椎や骨盤)が動きすぎるかというと

・胸椎(肩甲骨あたりの背骨)

・股関節

腰の上下のこの2つの部位が硬い人は

代償動作として腰を動かしすぎてしまうからです。

 

この代償動作をなくすことで

腰に負担が溜まらなくなるので

痛み(炎症)が改善していきます。

 

 

◆腰の負担を減らすには?

前提として、腰痛になる人は

股関節と胸椎をうまく使えていない人が多いです。

股関節と胸椎を柔らかくして、

日常生活でも使えるようにしなければいけません。

 

では簡単に説明していきます。

 

股関節を柔らかくするには

・お尻・太ももの表裏の筋肉のストレッチ

・股関節を使ったエクササイズやトレーニング

を行い日常から正しく動かせるようにする。

 

胸椎を柔らかくするには

・肩甲骨や背中・肋骨周りの筋肉や関節のストレッチ

・猫背になると胸椎は硬くなるので

背中と腹筋のエクササイズで姿勢を改善する

 

 

◆もしヘルニアと診断されたら?

繰り返しになりますが、

ヘルニアと診断されても95%のケースは

痛みを改善することは出来ます。

 

ヘルニアがあっても痛みをなくすことができる

 

ということです。

しかし、重症なケースほど

マッサージや整体だけでは根本的に改善しません。

 

自分の腰に負担をかけている原因がどこにあるのか?

それを認識して、

マッサージ、整体、鍼治療に加え

ストレッチやエクササイズを取り入れながら

股関節と胸椎の硬さを改善し

腰の負担を減らしていきましょう!

 

 

 

◆当院人気プログラム

何をやっても治らない肩こり腰痛を改善する

肩こり腰痛撃退プログラムはこちら

 

◆お電話、もしくはサイト上部の問合せフォームより

お得な初回体験にご予約ください。

・人形町院 03-6231-1951

・富ヶ谷院(女性専用) 03-5453-1777