私たちが考える腰痛を改善する方法


 

突然ですが

私達は、

「腰痛には治るという概念はない」

と考えています。

 

 

なぜなら、

腰痛はいつでも起きる可能性があるからです。

一度痛みが消えても、

腰に負担が溜まればまた再発します。

再発すると悪化することが多いです。

 

 

つまり、

痛みが消えた=治った

ではなく

痛みがない=痛みを抑えている状態(予防)

ということです。

 

 

慢性的な腰痛が起きる原理は、

コップ(腰)に水(負担)が溜まっていく

ようなものだと考えています。

 

 

コップに水が溜まっていく段階では

痛みなどの症状はありませんが、

コップの縁から溢れ出すと痛みに変わります。

 

 

 

つまりコップ(腰)のキャパから溢れるほど

水(負担)を溜めてしまうことが腰痛の原因です。

では、どうやって水を溢れさせないようにするか。

 

 

その方法は3つあると考えています。

①コップに水を溜めない

→正しい姿勢や動作で生活する

(姿勢改善や体の知識をつける)

 

②コップに溜まった水を捨てる

→体をケアする(ストレッチや治療)

 

③コップのキャパを大きくする

→体を強くする(トレーニング)

 

 

私たちが考える、

慢性的な腰痛を改善するということは

この3つの方法でコップから

水を溢れさせないようにして

痛みが出ない状態をキープ(予防)することです。

 

 

自分の腰痛を改善したいとお悩みの方は、

①〜③のどれが必要なのかを理解する

ところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

◆当院人気プログラム

何をやっても治らない肩こり腰痛を改善する

肩こり腰痛撃退プログラムはこちら