50歳からのダイエットで重要な事


50 歳 から の 効果的なダイエット方法・考え方についてのお話です。

 

 

当院でも50歳を過ぎてからダイエットを始めようとしている方は多いです。

体重の増加

内臓数値の改善

膝の痛みなどの関節の負担を減らす

などの目的で行っています。

 

 

40歳や50歳からのダイエットで重要なのは

①正しい方法で行う 

②集中的に行う

ことです。

 

 

①正しい方法で行う

当たり前ですが「全く食べない」ダイエット方法はダメです。

栄養素が得られず、体重だけでなく筋肉や生命維持活動に必要なものまで減ってしまうからです。

しかし、糖質を減らしても(優先順位を低けしても)

タンパク質や良質な脂質、ビタミン、ミネラルを摂取できていれば健康的には問題ありません。

また〇〇だけダイエットなどの方法は絶対に正しくありません。

〇〇だけで必要な栄養素が賄えるはずがないからです。

新しい情報に飛びついて楽して痩せようと思っていませんか?

食べるものを正しく選択して、食べながら体重を落とす

これが正しいダイエットです。

 

 

②集中的に行う

例えば『2ヶ月間炭水化物はカットする!』と決めた方がいいという事です。

糖質制限を行えば体重を減らすことはできます。

体脂肪の多い人が2ヶ月間炭水化物をカットすると、

個人差はありますが最低でも5kg以上は落ちるでしょう。

しかし、なんとなくやっても効果は中途半端になります。

何をどこまで食べるかの線引きをしにくいからです。

また、ダイエットは効果が出ないとモチベーションが上がりません。

ある程度極端にやる方が効果が出るのでモチベーションも上がります。

 

 

正しい方法で集中的に取り組んで結果を出す。

この成功体験を得ることによって、

結果を出すための正しい知識・方法・習慣(環境)の作り方がわかるので

自己管理ができるようになります。

 

 

最後に、、、

トレーニングや運動にも同じ事が言えますが、

知識がないまま自分でやって効果でないと時間の無駄だし逆効果になる事も多いです。

まずは専門家について正しい方法でスタートしましょう!

 

 

当院のダイエットプログラムはこちら