加齢による筋力の低下は脚から始まる


皆さんは、片足で靴下が履けますか?

 

TTBパーソナルトレーニング

肩こり腰痛撃退&アンチエイジングプログラムでは、

運動不足や加齢による筋力低下から発生する悩みを改善しています。

 

階段を昇るのがきつい

走るのがきつい

疲れやすい

つまずきやすい

長時間立っているがつらい

膝や股関節が痛い

などは筋力の低下が関係しているかもしれません。

 

20歳をピークに筋肉量は毎年約1%ずつ低下していくと言われています。

上半身に比べて、特に下半身の筋力が低下していきます。

立つ、しゃがむ、歩く、階段を昇るなど

日常生活に下半身の関節運動は欠かせません。

 

その関節運動を行っているのは筋肉なので、

足の筋力の低下は日常生活の動作に大きな影響を及ぼします。

間違った動きを引き起こし膝や股関節を痛めたり、

転倒して骨折などのリスクがあります。

 

高齢で筋力が衰えてからの骨折は回復力も乏しく

リハビリもできずそのまま寝たきり…

の可能性も出てきます。

起きてから後悔しても遅いですね…

 

 

スクワットに代表される下半身のトレーニングは、

正しいフォームで行うことが難しくきついものも多いですが

正しいフォームでトレーニングを行えば

腰痛や膝の痛みの改善、むくみの改善

お尻や太ももの引き締め効果なども期待できます。

 

しかし、間違ったフォームで行ってしまうと、

腰や膝、股関節を痛めてしまうこともあるため

自己流はやめましょう。

 

また、

「トレーニングするとお尻や太もも周りなどは太くなってしまう」

という風に思ってしまっている方も多いですが、

前面や外側の筋肉だけを鍛えていれば

太く見えてしまいますが、

内ももや太ももの後面、お尻のトレーニングを行う

ことで太く見えることなく

筋力をつけながら引き締まった脚を

目指すことができます。

 

トレーニングは重心や関節を曲げる角度などに

気をつけていなければただ関節の曲げ伸ばし動作に

なってしまい逆効果になることも多いので、

未経験の方や、トレーニングに自信のない方は

専門のトレーナーをつけて行いましょう。

 

 

◆どこに行っても良くならなかった肩こり腰痛を根本改善するプログラム

「肩こり腰痛撃退&アンチエイジングプログラム」

詳しくはこちら