毎日ウォーキングしていれば筋肉の老化は防げますか?


筋肉には次の2つの種類があり、人間はそれを使い分けています。

 

一つは、『瞬発力系の筋肉』です。

これは陸上の短距離種目やお相撲さんなどの瞬発的に力を発揮するときに使います。

 

二つ目は、『持久力系の筋肉』です。

これはウォーキングやジョギングなど少し息切れする程度の運動を長時間続けるときに使います。

 

 

筋肉は20歳あたりをピークに毎年約1%ずつ衰えていきますが、

衰える筋肉の大部分は実は『瞬発力系の筋肉』です。

 

 

つまり、

ウォーキング毎日行っても、瞬発系の筋肉はあまり使われないので筋肉の絶対量は減少していってしまいます。

 

ウォーキングだけで筋肉量を維持していくことは難しいのですね^^;

 

しかし、ウォーキングを行うことはとてもいいことです。

少し早歩きのウォーキングは有酸素運動になり次のようなメリットがあると言われています。

・筋肉内の毛細血管の量を増やし血流がよくなる

・循環器系の疾患の予防・改善(心疾患・脳血管疾患など)

・血圧を安定させる など

 

したがって、ウォーキングは定期的に継続し、

それとは別に瞬発力系の筋肉を使う運動を取り入れることで2種類の筋肉の老化を防ぎ、維持していくことができます。

筋肉は何歳になっても増やすことが可能です。