腰痛予防のストレッチ、果たしてそのやり方で本当にあっている??


最近「本に書いてあるストレッチをやったら腰痛が悪化した」

という伸展性の腰痛(反ると痛い)で悩む方がいらっしゃいました。

意外とこの過ちを犯してしまっている腰痛持ちの方は多いと思いましたので

ブログでご紹介したいと思います。

 

 

関連記事

“腰を反ると痛い腰痛の原因と気をつけるポイント2つ!”

 

 

 

●反り腰はなぜ起こるのか?

 

いくつかある原因のうちの一つに腸腰筋の硬さが挙げられます。

腸腰筋のはたらきは

・股関節の屈曲(膝を胸に近づけていく動作)

・骨盤の前傾(腰を反らせる)

です。

 

この筋肉が硬く、縮こまってる方は反り腰である可能性が高いです。

ヒールを履いている女性や、立ち仕事をしている方、筋力の衰えた高齢者などに多く見られます。

 

 

 

●腸腰筋を伸ばしましょう

 

 

冒頭に挙げたお客様は、腰痛の原因が腸腰筋だと把握していたため

ご自分で調べてストレッチを行ったところ腰痛が悪化してしまったとのことです。

そこでどんなやり方でやったか聞いてみたところ、こんな姿勢だったそうです

 

 

istock_000062685160_small

 

 

 

 

 

腰、めっちゃ反ってますやん・・汗

 

 

 

腰を反ると痛いのに、ストレッチで長時間腰を反らせてしまっていたら

腰痛が悪化するのは当然です

(中には腰の骨の関節を柔らげるためにあえて腰を反らせる治療法も存在します)

 

 

 

●工夫しましょう!!

 

 

先ほどの画像でも腸腰筋は伸ばされるのですが

出来れば腰を反らせることなくストレッチをしたいところです

このような場合にオススメなのが、猫背状態でストレッチをすることです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫背に連動して骨盤が後傾(丸まる)するため、腰の反りを防いでくれます。

一見、股関節が伸びてないように見えますが、ガッツリと伸びています(^_^;)

※目的は腸腰筋を伸ばすことなので、鼠蹊部あたりのストレッチ感をしっかりと意識しましょう!

 

 

 

 

 

腰を反らせると腰が痛い人は是非試してみてください!

次回は、腰を反らせると痛い人向けのオススメエクササイズをご紹介したいと思います^ ^

 

 

 

運動もストレッチも、体に痛みを抱えていたり古傷が持っている方は

一般的なやり方が当てはまらないケースが多く存在します。

 

膝を痛めている方はスクワットの前に◯◯を先に鍛えなければならない・・

脚を細くしたい方は運動の前に◯◯の柔軟性をつけなければならない・・

などなど、私の場合にはどうしたら良いの?という方は

個別の体に合わせたTTBメディカルトレーニングでプログラム提供しています^ ^

お問合せはコチラ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=166450?

 

TTBメディカルトレーニング

カラダの不調の原因を改善するための正しい習慣をつくります!
自身の身体を変えたいと感じている方はこちら

・肩こり、腰痛などの慢性症状の根本改善したい

・姿勢が悪いから正しい姿勢になりたい

・トレーニングをしたいが、体が痛くてできない(どうしたらよいかわからない)

・トレーニングと一緒に体のケア(メンテナンス)を行いたい

・健康的な体になりたい

・仕事の質を上げる為に元気な体になりたい

・健康的に痩せたい

・今の状態だと年を重ねた時が不安

・数年後もゴルフなどのスポーツを続けていたい

・最近なんだか疲れやすくなった(疲れが抜けなくなった)

・階段を上るのが辛い

・足、腰の痛みを改善して旅行へ行きたい

・体に不調(痛み)や不安を抱えている

 

初回カウンセリング & 体験 特別価格 2,200円!

お問合せはコチラ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=166450?

詳しい内容はお電話でお気軽にお問い合わせ下さい♪

03-5579-8415

 

?