万が一ぎっくり腰になってしまったときに痛みを和らげる5つのポイント!


こんにちは。

?

新宿区・神楽坂・飯田橋地区の整骨院

?

羽毛田整骨院 神楽坂院

?

院長の小川です!

?

?

 

最近ぎっくり腰が増えております!!
ここ神楽坂は飲食店がとても多いので
料理人の方の患者様が急増中です。

 

 

 

思ったようにカラダを動かせなくなるぎっくり腰、結構辛いのですよね(^_^;)

 

 

そこで今回は

 

 

 

 

【万が一ぎっくり腰になってしまったときに痛みを和らげる5つのポイント】

 

 

をお伝えします!

 

 

 

1、痛みがやわらぐ姿勢を探す

 

 

ぎっくり腰になってしまうと、じっとしていても激しい痛みに襲われる時があります。
じっとしてても痛みがある時は傷口が引っ張られている状態ですので痛みを更に悪化させてしまいます。
ある姿勢を取ると痛みがすーっとやわらぐ姿勢があるので、楽な姿勢を探しましょう。

 

◆代表的な疼痛緩和肢位

・仰向けで両膝を立てる
・横向きになる体を丸くし、膝の間にクッションをはさむ

 

 

 

 

 

2、冷やす

 

 

氷をビニール袋に入れて、痛いところにあて15分間冷やします。
痛みを感じるところは炎症が起きています。
熱を持っているため、消炎しなければなりませんので氷で15分間冷やしましょう。

よく湿布をして来院される方がいますが、痛めたばかりの時には湿布は逆効果です。
あのスースーする感覚はメントールなどの成分の働きですが
湿布って皮膚の接着面がジェルみたいにベトベトしてますよね?

あれが熱をこもらせてしまい患部を温めてしまうことで痛みが悪化してしまいます。

 

 

 

?

3、ハイハイをする

 

 

ハイハイ歩きってとてもカラダに良いんです。

 

腰に痛みがあるときには

 

・緩みきった骨盤を締めてくれる
・背骨の理想的なカーブに近づける
・骨盤の歪みを正してくれる

 

これらの効果から痛みを緩和させるのに一役買います。

動きはじめは痛みを伴いますので、ゆっくり無理せず行ってくださいね。

 

 

 

 

4、痛くないところを積極的に動かす

 

 

?main_1

カラダは全身が一つの膜で繋がっています。

 

 

この青い部分は筋膜というもので、筋肉を包んでいる包のことを差します。

例えば立ち仕事で足の筋肉にずっと力が入っている人は、筋膜全体を緊張させてしまうので

繋がっている足と腰の筋膜同士で引っ張り合いが始まります。

(この仕組みについては前回の記事にでも取り上げさせていただきました)

 

 

 

立ち仕事の方は足を
座り仕事の方は肩周りを
動かすことで腰の痛みが緩和されるケースが多いです。

 

 

足首を反らす?曲げるを繰り返す

肩をバンザイさせる

 

 

という体操は痛み緩和に効果的です。

(腰の痛みがひどく伴う時は無理をせずに)

 

 

 

 

 

5、専門医にかかる

 

 

 

このように自分で出来ることはたくさんありますが、

最終的には近くの治療院や、我々のような専門家にかかることをお勧めします。

 

 

結局そーなるのね!と言われてしまうかもしれませんがとても大事なことです。

そもそもぎっくり腰になってしまうような身体でいること自体が問題なのです。

痛めた腰の痛みはほとんどの場合和らぎますが

なぜ痛めてしまったか?という本当の原因は放っておいても治りません。

「痛くない=治った」ではありません!

 

特に腰痛を何回も繰り返している方は、しっかりとした治療が必要です。

痛みがやわらいだ後には、痛まない体づくりのためのメンテナンスをしましょう!

 

 

やっとの思いで来院し、カラダを引きづりながらベッドに横たわったような方も

硬直部位をほぐして関節を適度に締めて差し上げると

帰りには嘘のようにスタスタ歩いて帰られる方も少なくありません。

 

テーピング、サポーターなども、使い方一つで劇的に良くなる時もありますし

逆に悪化してしまうこともあるんです。

現に先日、腰サポーターの誤った使い方で腰痛が悪化し来院された方がいました。

 

 

 

「早く来て良かった!」

「これならば早くくればよかった・・」

「これを機に根本的な治療をしようと思います」

 

 

 

実際に苦しまれた方の声をお聞きしても

ぎっくり腰のケアは早い方が絶対に良いです!
(ケアが早い方が治りも早いですよ)

 

 

 

はじめの判断が肝になりますので、迷ったときにはお気軽にご相談下さいね^ ^

 

 

◆ぎっくり腰、動いたはずみに痛めた!

急な痛みの怪我は→こちら

?

◆肩こり・腰痛などの

慢性的な痛みは→こちら

?

◆整体+トレーニング+生活習慣改善=自立した健康を手に入れる!

痛くない身体、痛まない身体づくりの根本ケアは→こちら